睡眠障害とは?起きれないの原因とその解決策

不眠などの睡眠障害が生ずる原因は、人によってそれぞれ異なります。

また、たとえ似たような症状であっても、その原因によっては治療法なども変わってきますので注意が必要です。

不眠などの悩みがある方は、まずはその原因から探ってみましょう。

・心理的要因で起きる睡眠障害

原因の1つとして考えられるのが、心理的な要因です。

これにはストレスなどが挙げられます。

生活をしていると、家庭や職場など色々な場面でストレスを受けることがあります。

それらが原因となり、不眠などの症状を引き起こすことがあるようです。

家庭では家事や育児、家族や親友の死など、職場では人間関係や仕事上のトラブルなどが該当します。

日頃からストレスを感じやすい方は、注意しておきましょう。

・身体的原因からくる睡眠障害

身体的な要因も忘れてはいけません。

これには病気やケガ、関節リウマチなどの痛みがある疾患、湿疹などの痒みのある疾患などが該当します。

これら身体的原因は、その症状を改善することで良くなることもあるようです。

他に精神医学的原因や薬理学的原因なども挙げられます。

・睡眠障害の対策

睡眠障害の対策としては、まず規則正しい生活を行うことです。

規則正しい生活とは、毎日同じ時間に寝て起きることが一番です。

他にも朝起きたら太陽の光を浴びて体内時計を整えるなど、それほど難しくはありません。

私も不眠に悩んでいたことがありましたが、規則正しい生活にすることで良くなりました。

また朝起きたとき、必ず太陽の光を浴びるようにしています。

太陽の光は、体内時計を正してくれるのでオススメです。

睡眠障害でお悩みの方は、今までの生活を見直してみるといいかもしれません。

まずは原因から確認を!

睡眠障害には様々な原因がありますので、自分がどのパターンに該当するのかしっかりチェックしておきましょう。

それぞれの原因に合った解決策がありますので、一つ一つを試してみましょう。

改善するためには日々の生活を見直すことが最良かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です