過眠症ってなに?原因とチェック方法を調べてみた!

睡眠障害の1つに「過眠症」がありますが、中には悩まれている方もいると思います。

実は私もよくかかることがあり、そんなときは自分にあった対策法を実行しています。

その原因や私の対策法などを紹介したいと思います。

過眠症について

睡眠障害の1つである過眠症は、夜に十分な睡眠を取っているのにもかかわらず、日中に猛烈な眠気に襲われてしまう症状のことです。

経験がある人もいるかと思いますが、昼間の授業や会議中、ミーティング中などに睡魔に襲われる人もいるようです。

症状は軽度のものから重いものまで様々ですが、世界的に見た場合に日本人がかかる率が多いのが特徴です。

過眠症は脳に関係した疾患?

過眠症の原因としては様々なものが考えられますが、その1つとして脳に関係した疾患があります。

脳の疾患には脳腫瘍などのガンを始め、何かしらの要因で引き起こされる少し怖い症状です。

このようなケースに該当する方は、早急に医師の診察を受ける必要があります。

自分では分かりにくいため、早めに医療機関で調べてもらいましょう。

夜間の睡眠障害が過眠症の原因

そして夜間の睡眠障害も、原因の1つとされています。

しっかり眠ったとしても実際は眠りが浅かったり、睡眠の質が悪かったりすることがあります。

私はこのケースに該当します。

対策について

対策法は色々ありますが、中でも効果が高いのはストレスを軽減することです。

睡眠とストレスには大きな関係がありますので、日頃から感じている方はそれを軽減するように努力してください。

私も色々な方法を試していますが、カラオケをしたりドライブに行くなどしています。

中でも有効なのが、涙を流すことです。

ストレスは涙を流すことでのみ軽減できる、という話もあるようです。

実際にその方法を試すようになって、日頃のストレスが減ってきました。

これからも続けていきたいです。

まずは原因調査から!

過眠症の原因には怖いものもあり、症状がある方はまずその原因を調べましょう。

症状がある人は早めに取り組むことが大切です。

ストレス軽減で解決する方は、涙を流す方法がオススメです。

本や映画などで休日は涙を流してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です